映画

映画『八甲田山』にみるリーダーシップとは

皆さんこんにちは!
木下馨です。

 

前回は、南極極点に到達するため、選抜隊を編成したアムンセン隊とスコット隊の話題を上げました。

前回はこちらから

人類初の南極点到達から見るリーダーシップ

 

今回は、「極寒の中での遭難」日本版を見て、リーダーのあり方を考えてみましょう。
日本で有名なのは、「八甲田雪中行軍遭難事件」というものでしょう。

 

 

 

雪中行軍の背景

 

 

1902年(明治35年1月)、風雲急を告げる対ロシアとの戦いを前に、青森歩兵第5連隊と弘前歩兵第31連隊の両隊にとって、冬季訓練は欠かせないものでした。
そして、もしロシアが攻勢に出て宗谷海峡を支配下に治め、青森の海岸沿いが占領された場合、陸路で物資を運搬することも想定しての訓練でもありました。

 

映画『八甲田山〜死の彷徨』では2つの部隊に命令が下る場面がありますが、実際は全く別々に計画されたものでした。

 

冬の八甲田

 

青森歩兵第五連隊(以下五連隊)は、210名中199名が死亡し、雪山の遭難としては未曾有の死者数になります。
これに対して、弘前歩兵31連隊(以下31連隊)は、新聞記者1名を加えた38名全員が冬の八甲田を無事に踏破しました。

 

この事故の原因を見ていきましょう。
そこには、どんな時代でも通じる「リーダーのあり方」が垣間見られます。

 

 

1)31連隊は、「雪中行軍に関する服装、行軍方法等」、3年がかりで訓練してきた総決算でした。
つまり、計画&準備がしっかりできていました。
総延長約224kmを、11泊12日の予定で踏破しようという計画です。
到着するであろう予定の村々や役場に事前に連絡し、食糧や宿泊施設、寝具などの用意を怠りませんでした。

 

また、当時の装備は現代のような、「ダウンコート」も「ゴアテックス」素材のコートもありませんし、下着に「ヒートテック」もありません。
どんな装備かと言えば、彼らが準備したのは軍足を3枚重ね、凍傷防止に唐辛子をまぶし、油紙で包む、というものです。
もちろん、交換用の軍手、軍足は持参しました。
そして行軍中は全員を縄で結び一列で行軍をしました。

 

 

2)5連隊の指揮は神成大尉(映画では神田大尉)が取り、任命されたのはなんと、行軍の約3週間前でした。
31連隊の計画では、駐屯地から青森、青森から田代温泉間の雪中行軍の約20kmを一泊二日の行程で行うというものでした。

 

210名の大部隊でしたが、兵の多くは宮城県や岩手県の農家の出身者が多く、極寒の山中の冬を経験したものは少なかったのです。
また、神成大尉は少なくても将校になってからは雪中行軍の経験もなく、他の将校も半分は雪国出身ではありませんでした。
つまり、「雪の怖さ」を知るものが少なく、準備も万全ではありませんでした。

 

また、運悪く予備雪中行軍を行った時は晴天に恵まれ、距離も20kmの行軍という実際の約1/10の距離でした。
加えて前日には、「壮行会」と称して夜遅くまで宴が催されました。
さらに、予備の軍手、軍足を持つものは皆無で、「田代温泉で一泊」的な今でいうトレッキング気分であったと推測されます。

 

雪中行軍隊の両指揮官

 

 

困難な時のリーダーの判断

 

 

状況判断の甘さが、「全員帰還」と「大量遭難」の差となりました。
5連隊は神成大尉が指揮を執っていたわけですが、映画でも描かれていますが、山口少佐(映画では山田少佐)との意思疎通の不一致と指揮権の混乱があったことが多くの混乱を呼びました。
また、軍の威信をかけて地元民の道案内を全て断っています。

 

しかし、現場での混乱以前の問題として、準備段階から全て見通しが甘かったと言えるでしょう。
それは一事が万事と言えるが如く、装備、食糧準備、編成の何から何まで、全てに言えたことですが、「冬山の準備」を一兵卒まで徹底して行うべきでした。
緊張感のない緩んだ空気をそのままにすること自体、リーダーとして失格かと思います。

 

青森第5連隊

 

青森5連隊の生存者11名。多くの者は凍傷で両手、両足を切断するに至ったが、義手義足での撮影

 

 

***

翻って、福島大尉の目的ははっきりしていました。
38名という小部隊の編成について、「この小部隊の何が雪中行軍か?」と一部の上層部から批判がありましたが、「訓練でなく雪中の研究であるから、これで十分」と批判を跳ねつけました。

 

また、福島大尉は編成も地元;青森の人間と体格&体力を考慮して選抜していました。
そして、彼自身、岩木山での雪中行軍を経験していたこと、案内人や宿泊拠点なども確保していたことなども、行軍を成功に導く要因として挙げられます。
「目的は何か」が明確であり、それを達成するための準備に怠りがなかったことが全員無事帰還、という結果になったということでしょう。

 

 

***

現代にも通じますが、リーダーの「希望的観測」が多くの過ちを生む可能性は大いにあると思います。

 

「なんとかなる」
「前回うまくいったから今回も」
「過去に経験しているから大丈夫」

 

また、「ここまでやってきた。今少しだからやってみよう」
「社長のお声がかりのプロジェクトだ。なんとか形にしよう」
と現場は思うかもしれません。

 

その時も、「意地」とか「威信」とか「名誉」とかが邪魔をして、判断を誤ることも多くあることでしょう。
この八甲田山や前回のスコット隊のように。

 

いざ、当事者になってみると、「決断」というのは難しいものだと思います。
しかしながら、普段からの「知識」とシミュレーション、経験などを踏まえて訓練していくことが、「より正しい判断」を生む可能性はあると思いますが、いかがでしょうか。

 

本日はここまで。また、お会いしましょう!

映画に見る核戦争の危機〜名監督の映画セレクト3選〜

皆さん、こんにちは!
木下馨です。

 

前回は、「そこにある核戦争の恐怖」をお話させていただきました。
前回はこちらから
本当はたくさんあった?! 過去に回避できた核戦争の危機
今回は、映画でその「偶発的な恐怖」を描いた映画の名作を紹介しましょう。

 

「名監督」というのは、いろんな判断があると思いますが、私はその1つの要素に「時代が変わってもテーマが通用する」作品を作ることにあると思ってます。

 

例えば、黒澤明監督は『天国と地獄』では「格差問題」、それに伴う犯罪など。
『静かなる決闘』では、自身の過失ではないのに、罹患した性病がテーマでしたが、感染症やエイズへの警鐘とか。
フランシス・コッポラ監督は『地獄の黙示録』では、人間の狂気、戦争の残酷さ、『ゴッドファーザー』では家族愛や絆、それに対する代償など、極端な背景から映画化しました。

 

では本題に入りましょう!

 

 

博士の異常な愛情

 

スタンリー・キューブリック監督が描く「ブラックコメディー」ですが、その内容は、極限状態の中で、現場の司令官が異常をきたしソ連への爆撃命令を出す、といういつあってもおかしくない状況が描かれています。

 

主演のピーター・セラーズが三役をこなしています。
一人目が、イギリス空軍将校マンドレイク大佐。
二人目が、マフリー大統領(俗語のMuffは間抜け、へま)、つまり、そんな大統領だというブラック。
そして、三人目の役が、映画のタイトルの「博士」であるストレンジラブ博士です。

 

ピーター・セラーズが演じた「ストレンジラブ博士」

 

 

政府や軍人は、「こんな人間が指導者か?」という描かれ方をしてますが、現在の米国大統領選挙などを見ていると、「当たらずと言えども遠からず」の状況ではないかと思います。

 

「偶発での戦争」は中国とインドや、イランとイスラエル、韓国と北朝鮮に限らず、どこで起こってもおかしくないと言えるのではないでしょうか。

 

『博士の異常な愛情』の最高作戦会議室

 

 

この映画のテーマから、アメリカ軍が協力するはずもありませんでしたが、B-52の機内セットは、B-29とB-52の写真からセットを制作したそうです。
後にアメリカ空軍幹部がセットに招待されたときに、「本物そっくりだ」と語ったそうです。
映画好きなら知っていることですが、ソ連のミサイル基地に最後の一機として爆撃に成功するB-52のクルーの一人は、後に『スター・ウォーズ』で「ダース・ベイダー」の声を担当するジェームズ・R・ジョーンズが演じています。

 

映画は1964年に公開され、半世紀以上過ぎていますが、世の中の危険・危機は「ブラックコメディー」では済まない状況になってきています。

 

 

未知への飛行

 

『十二人の怒れる男』などの名匠:シドニー・ルメット監督が、同じく1964年に制作した「偶発的核戦争」を描いた作品です。
時を同じくして、まったく異質な監督二人が同じようなテーマを採用したのは、やはり1962年の「キューバ危機」の影響が大きかったと思われます。

 

『未知への飛行』は「コンピュータの誤作動」が起こり、B-58爆撃機(アメリカ空軍が開発した高速爆撃機)がモスクワに向かう、というもの。
アメリカ大統領(ヘンリー・フォンダ)が、ソ連首相とホットラインでやりとりして危機回避を狙いますが、最後にはモスクワに水爆が投下されてしまいます。

 

『未知への飛行』のB-58操縦席

 

 

この攻撃が「誤爆」であるということをソ連に信じてもらうため、戦争回避を願う大統領は、「全面戦争」を避けるため奇策を打ち立てます。
「誤爆」の代償として、アメリカ空軍に、ニューヨークに水素爆弾による爆撃を命じるのです。
その時、偶然にも大統領の家族はニューヨークを訪れていた!!

 

機械の故障、誤った指示は現在でも起こりえる問題でしょう。
それはサイバー攻撃や、ウイルスの攻撃でも起きるかもしれません。

 

『可愛い魔女ジニー』や『ダラス』で演じたラリー・ハグマンが通訳で出演しているのは、映画好きには記憶にあるところでしょう。

 

 

ウォー・ゲーム

 

1983年のアメリカ映画です。
マシュー・ブロデリック演じるパソコン少年が偶然、アメリカ国防省の軍事コンピューターをハッキング、単なるシミュレーションゲームと勘違いしてプレイしてしまったために、核戦争の危機を迎えることになります。

 

この「ありえなさそう」な設定は、突拍子も無い話ではなく、現在では「ありえる」の連続かもしれません。
この80年代より、驚くべきほどの速さでネット社会は拡張しています。

 

マシュー・フロデリック主演の『ウオー・ゲーム』

 

 

ハッキングやパソコンウィルスが身近になった今の時代、最も警戒すべきはリアルな「ウォー・ゲーム」でしょう。

 

この話も単なるSF映画とは言えないほど、現実は緊迫していると思います。
各国は「サイバー部隊」を充実させています。

 

その一部の人間が、ちょっとゲーム感覚でしたことが「偶発戦争」になる可能性も否定できないでしょう。
『八月の砲声』がネット社会で起こることがあるかもしれません。

※ 八月の砲声:バーバラ・タックマンが第一次世界大戦の記録を基に、2年半の歳月を費やして書き上げたピューリッツァー賞受賞書籍。それを、ネイサン・クロル監督が膨大な資料を集めて制作・監督したドキュメンタリー映画。

 

 

***

「世界終末時計」の名前は、皆さんもどこかでお聞きになったこともあるかと思います。
「世界終末時計」とは、核戦争などによって人類と地球の滅亡を午前0時に設定し、その終末までの残り時間を「0時まであと何分」という形で表示している時計です。
1947年に、アメリカの『原子力科学者会報』の表紙に示され、現在でも都度、修正が行われています。

 

1947年には「7分前」でスタートしました。
2020年の現在、何分前になったでしょう?

答えは「100秒前」です。
その時計を止めることが果たして我々に。。。

 

本日は、ここまで!
また、お会いしましょう!!!!