ロシアの歴史的動向から2022年を予測してみる

皆さんこんにちは!
いつもありがとうございます。

2022年初めての投稿になります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2022年も皆様にとって良い年でありますように、と思うこの頃ですが、世界的には緊迫している地域もあり、この辺りを「歴史」の観点から見てみたいと思います。

 

 

緊迫するウクライナ情勢

 

昨今、ウクライナ情勢が風雲急を告げ、報道によってはこの1月から3月までに侵攻する情勢が報じられています。
そもそもの原因は、ロシアは旧ソ連構成国だったウクライナのNATO加盟に激しい拒絶反応を示しています。
クリミアの併合と、親ロシア勢力の力が強いウクライナ東部の不安定化こそ、ウクライナのNATO加盟を阻止するロシアの戦略と言えるのではないでしょうか。

 

しかしウクライナはれっきとした独立国。
他国に干渉されるのは「言い掛り」
と言えるのではないでしょうか?

 

過去ロシアは(旧ソビエト連邦:以下ソ連)「力による介入」を幾度となく行ってきました。

 

近代の歴史を見てみましょう。
特に「共通の敵」を持つ「盟友」を持つと大胆な行動に出ます。

 

 

ソ芬戦争(第一次ソ・フン戦争:冬戦争とも言う)

 

1939年11月、ソ連(現ロシア)は突如、フィンランドに対し29日に国交断絶を宣言し、翌30日に宣戦布告なしに国境全域で侵攻を開始しました。

 

ソ・フン戦争(ソ連軍の侵攻ルート)

 

当時、ナチスドイツは9月にポーランドに侵攻。
その前月に「独ソ不可侵条約」を結びました。
この条約はごく平凡なものでしたが、独ソの結託の裏には他の何かが締結されていると、当時からささやかれていました。

 

それが、「秘密定義書」です。
実は、ソ連は「バルト三国とフィンランド、ポーランドの半分は支配下に置く」ことをこの「秘密議定書」の条約に入れていました。
ソ連のフィンランド侵攻は、密かにスターリンとヒトラーの間で締結した結果だったということです。

 

西側諸国(英米仏)はナチスドイツの対応に精一杯で、ソ連のバルト三国進駐とフィンランド侵攻に対して、反対声明は出しました(国際世論は強くソ連の侵攻に反発)。
そして、国際連盟はソ連を追放しました。
しかし、出兵までの余裕はなく、いくつかの武器供与を行いましたが、多くは翌3月の講和条約後に届いたものが多く、また旧式の武器等でした。

 

この時期、西側諸国の共通の敵は明らかに「ヒトラーとスターリン」の独裁国家でした。
歴史に「もし」は禁物ですが、デンマークやスウェーデンが英仏10万人の兵を通過することを許可していれば、今の世界勢力図は大きく変わっていたかもしれません。

 

戦死者の数を比べても明らかなように、人口約400万人のフィンランドは、3億人のソ連に対し善戦しました。
【戦死者】
フィンランド軍:27,000人
ソ連軍:20万人(フルシチョフは100万人とも)

 

フィンランドは「独立」こそ守りましたが、国土の1/8を割譲され、国民の12%は第二の都市ヴィープリを含めカレリヤ地方から追放されました。
日本に置き換えれば、丁度、東京の人口約1,200万人が土地を追われた、ということになります。

 

ここでのポイントは「同時に二ヶ所:もしくはそれ以上で」紛争を起こすと国際世論は対応ができない、と言うことでしょう。
「二ヶ所で紛争を起こす」のは、世界の目と世論を分裂させる常套手段と言えます。

 

 

ハンガリー動乱

 

1956年10月、ハンガリーで起こった大規模な民衆蜂起のことです。
当時の共産党政権ラコシ首相の独裁ぶりに反発し(男性人口の2割から3割が強大な治安機関により、無罪の罪で逮捕、拷問、流刑、強制労働などに処せられた、と言われています)反体制デモが起きました。

 

ハンガリー動乱

 

これに治安部隊が発砲し、暴動となったわけですが、後任のナジ首相は必ずソ連軍が介入してくると思い、「ワルシャワ条約機構」からの脱退を発表します。

 

ナジ首相も、それを支持した民衆もなぜ、そんな「強気」になれたかといえば、「必ず西側が助けに来てくれる」という思いがあったからです。

 

隣国、オーストリアでは、ソ連軍はオーストリアから撤退し、アメリカ軍が駐留していました。
オーストリアとハンガリーはもともと11年前までは、1つの国を形成していました。
ですから、ハンガリーもオーストリアと同様のことが起きると予測したのでしょう。

 

しかしながらアメリカ軍はびくとも動かなかったのです。
何故でしょうか?
アメリカは次にご紹介する中東に釘付けだったのです。

 

 

スエズ動乱:第二次中東戦争

 

1956年7月、エジプトのナセル大統領は「スエズ運河国有化宣言」を行いました。
このやり方に憤慨したのは、旧盟主国のイギリスと中東諸国に利権を持つフランスでした。
これにイスラエルが加わり、10月29日にシナイ半島でイスラエル軍が攻勢に出ます。

 

スエズ動乱:侵攻するイスラエル軍

 

英仏イ軍は、エジプトを降伏寸前まで追い詰めます。
しかし、ここでアイゼンハワーのアメリカが、なんとソ連のブルガーニン首相と手を組み、イスラエル軍の撤退と英仏の即時停戦を勧告したのでした。
また国際連合(国連)決議も停戦勧告を採決します。

 

アメリカは、ヨーロッパ(英仏)と中東(石油資源)、そしてイスラエルに対して影響力を行使する「政治的」な勝利を狙ったわけです。

 

また、冷戦下で、ソ連との新たな火種は避けなければなりません。
自由を求めるハンガリー民衆の声はアメリカには届かず、ソ連としてもエジプトに恩を売る形になりました。

 

まさに「大国の野望に小国が飲み込まれる」という形です。

 

第二次大戦中、アメリカの国力&軍事力はまさに「超大国」でした。
「二正面作戦」も全く可能でした。

例えば、1944年6月の「ノルマンディー上陸作戦」(オーバーロード作戦)では
・大小艦艇約6,000隻
・航空機12,000機
・6月6日だけで13万人以上の兵力で上陸
・7月中旬に130万人以上の兵力を上陸させています。

 

そして時を同じくして、太平洋では「マリアナ沖海戦」が6月19日から行われました。
・大小艦艇約5,000隻
・アメリカ海兵隊3個師団
・陸軍27歩兵師団
・航空兵力(空母艦載機約1,000機)
上記の戦力をもって、サイパン島、テニヤン島初めマリアナ諸島の占領、そして日本艦隊との戦いや上陸作戦を行い、日本軍を圧倒します。

 

何より新兵器の「レーダー」と「VT信管」(砲弾が目標物に命中しなくとも一定の近傍範囲内に達すれば起爆できる信管)など、技術でも日本軍を圧倒していました。

 

***

かつては超大国であったアメリカですが、この度、「ウクライナ」と「台湾」で有事があった場合、どのような対応ができるか全く不明です。
ロシアも中国も、もはや同等の「大国」と言えます。
「二正面」で有事が起こる確率は高いのではないでしょうか。
また、我が国はいかに対応すべきか。

 

歴史の「瞬間」は後年になって「その時」であると分かります。
かつて、ナチスドイツがフランスに電撃作戦で侵攻しましたが、パリのカフェはそのニュースが流れても若者や民衆でいっぱいでした。
5月のサマータイムを楽しんでいたわけです。

 

2022年のある日、「歴史の1ページ」が暗いページで綴られないようにしたいものです。

 

本日はここまで。
また、お会いしましょう!

皆さんは中日ドラゴンズの「板東英二」「権藤博」をご存知ですか?(後編)

皆さん、こんにちは!
木下馨です。

 

前回は、板東英二さんを取り上げました。
前回はこちらから
皆さんは中日ドラゴンズの「板東英二」「権藤博」をご存知ですか?(前編)

今回、登場する濃人監督の関連過去記事はこちらです。まだの方はぜひご覧ください。
人種差別に立ち向かった偉大な男たち後編〜日本プロ野球編〜

 

では今回の主役、権藤博さんのお話です。(以下登場人物は敬称略)

 

 

権藤博選手:中日ドラゴンズ入団

 

権藤博選手は1938年の生まれですので、昭和でいうと13年になりますね。
生まれは佐賀県の鳥栖、高校野球では甲子園には出場できませんでしたが、注目の選手でありました。
社会人野球ではブリジストンに入り、地元九州の久留米工場野球部でプレーしていました。
1960年に都市対抗野球で補強選手として日鉄二瀬で出場し、好投します。

 

そこで当時の監督だった濃人渉(のうにん わたる)との出会いとなります。

 

1961年(昭和36年)、「契約金はどこよりも高く出す」と誘われた読売ジャイアンツの誘いを断り、前年までドラゴンズの二軍監督であった濃人渉の働きもあり、中日ドラゴンズに入団します。

 

現役時代の力感溢れるフォーム

 

当時はドラフト制度などなく、自由競争でしたし、大学や高校を中退してシーズン途中でもプロ入りすることができるなど、ルールはまだまだ整備されていませんでした。

 

権藤博選手の話をする前に、この1961年と62年に監督を務めた濃人渉監督についてお話ししておきましょう。
彼もドラゴンズにとっては歴史的に名を残すことになります。

 

 

「九州ドラゴンズ」と異名がついた濃人監督時代

 

九州出身の濃人監督は、九州出身の選手を多く獲得、重用しました。
もちろん、のちに中核になる選手も多くいました。
今から思えば、気に入る選手と、気に入らない選手の扱いが極端であったのではないでしょうか。
日鉄二瀬時代、またその時代はスパルタ練習が当たり前でしたし、指導者は絶対的権力を持っていた時代、ともいえたでしょう。

 

まず、当時のドラゴンズで人気の高かった2年連続盗塁王:俊足の岡島博治内野手を阪急の河野旭輝内野手と交換トレード、左腕の地元出身の伊奈努投手を阪神とのトレードで放出します。

 

また1961年、濃人監督と不仲であった森徹を大洋ホエールズに放出してしまいます。
早稲田大学出身の森徹は当時、立教大学のスター選手;長嶋茂雄と並び称される存在でした。
入団2年目の1959年には、ホームラン王と打点王。
プロレスの力道山とは義兄弟の関係でありました。

 

他に地元出身の井上登内野手を南海に、吉沢岳男捕手を近鉄に放出します。
「クリーンナップを放出し球団は大丈夫か?」
とファンの間では首を傾げる者も多かったと言われました。

 

そして九州出身である、前田益穂内野手(熊本工業)や、日鉄二瀬での教え子であった江藤慎一内野手(熊本工業)を起用します。
もちろん、この二人の名誉のために言えば、実力も十分な好選手であったことは間違いありません。
この二人はのちに東京オリオンズ(ロッテ→千葉ロッテ)にトレードされ、そこで濃人監督と再会する縁を持っていました。

 

「九州ドラゴンズ」と陰口を言われ、地元選手を出しまくる球団は「勝ち続けなくては」その判断が間違ったことになります。
そんな背景があった1961年、権藤投手は入団します。

 

 

綺羅星の如く現れ、未だ破られぬ成績

 

権藤投手は、ドラゴンズでは「エース背番号」と言われている「20」番をつけます。
かつてはフォークの神様:杉下茂投手や、後の星野仙一投手などがつけた名誉ある番号です。
オープン戦の成績は防御率0.31と抜群のものでした。

 

当時の試合数は130試合。
1年目の成績はまさに驚きの成績です。

 

【1961年】
69試合登板
先発:44試合
投球回数:429イニング1/3
奪三振:310
防御率1.70
35勝19敗

沢村賞・新人賞

 

これがどれだけ凄いか!
2020年に沢村賞を獲得した大野雄大投手の、2019年と2020年の成績で比較しましょう。

 

【2020年:大野雄大投手】
20試合登板
先発:20試合
投球回数148イニング
奪三振:148
防御率:1.82
11勝6敗

 

【2019年:大野雄大投手】
25試合登板
先発:25試合
投球回数177イニング
奪三振:156
防御率:2.58
9勝8敗

 

最近は、200イニング以上投げる投手も少なくなりました。
2018年の菅野智之投手の202イニング、2011年にダルビッシュ有投手が投げた232イニングが、ここ10年では最長イニングです。

 

429イニング!!!!
この記録は2021年現在でも、1950年の2リーグ制になってから未だ破られていない記録です。

 

登板中の勇姿

 

あまりに連投を重ねるので、
「権藤、権藤、雨、権藤、雨、雨、権藤、雨、権藤」
という流行語も生まれた程です。

 

実際、1961年7月4日から、「雨・完封・雨・移動日・完投・雨・移動日・先発・雨・雨・移動日・先発」という、このフレーズに近い12日間もあったとのこと。

 

ここで余談ですが、前回の板東英二さんのラジオ関西の番組に『板東、板東、晴れ、板東!』というのがありましたが、同時代のこの権藤選手の流行語を捩ったものでした。

板東英二さんの関西ラジオ番組

 

 

これだけ投げたわけですから、優勝すれば彼の努力も少しは報われたと思いますが、2位に終わります。

引分け
優勝 読売ジャイアンツ 71 53 6分 .569  -
2位 中日ドラゴンズ 72 56 2分 .562差1.0

※スマホの方は、表を左にスクロールしながらご覧ください。

 

ちなみにこのシーズン、パリーグ;西鉄ライオンズ(現西武ライオンズ)の稲尾和久投手は42勝しましたが、チームは3位!
81勝の半分以上を勝ちましたが、同じく報われませんでした。

 

全く凄い時代でしたね。

怒涛の1年目が終わり、2年目のシーズンが始まりますが、このシーズンも権藤投手は投げに投げます。

 

【1962年】
61試合登板
39試合先発
投球回数362イニング
奪三振212
防御率2.33
30勝17敗

 

という成績でした。
しかしながら優勝は阪神タイガース、大洋ホエールズ(現横浜ベイスターズ)が2位で、ドラゴンズは3位でした。

 

新人としてシーズン12度目の完封勝利を挙げセ・リーグ最多記録を達成した1961年

新人としてシーズン12度目の完封勝利を挙げセ・リーグ最多記録を達成した1961年

 

 

この頃から肩は悲鳴をあげます。
1963年は10勝、1964年は6勝となります。

 

 

名コーチとして一目置かれる

 

私が現役時代の権藤博選手を覚えているのは、おぼろげながらですが、野手としてです。
1967年の記録によりますと、107試合に主にショート、サードで出場、2番で26犠打を記録しています。
この頃の活躍をTVで見たのをうっすら覚えています。

 

もちろん、ドラゴンズのT V放送は読売ジャイアンツ戦だけでしたが、燃えに燃え、玉砕して悔し涙の連続でしたね(笑)

 

現役を引退してからは投手コーチとして活躍しました。
直言居士の性格から、「それはおかしい」となったら監督にも異論を唱えるタイプで、近鉄バッファローズ時代の仰木彬監督やダイエー時代の田淵幸一監督、ドラゴンズ高木監督とはたびたび衝突しました。

 

しかしながら選手たちからは概ね尊敬&支持され、かつての大エース江夏豊投手は、後にこう語っています。

「名監督は数多くいても、名コーチは少ない。その中で打つほうの名コーチは中西太さん、投げるほうの名コーチは権藤さん」

 

横浜ベイスターズ監督時代

 

いかがでしたか。
記録としては短期間ですが、記録そのものも後世まで残り、記憶にも残る選手でした。

 

今もJ-Sportsのドラゴンズ戦では解説でよく登場していますが、まあ、よく喋りますね(笑)。
彼の時はDAZNで見るようにしています(ニッコリ)。

今も野球解説で活躍

 

野球解説者は若返りしていますが、彼のスタイルは変わっていませんね。
きっと、一定のオールドファンが、そして彼の選手、コーチ時代を覚えているプロ野球ファンから支持されているのでしょう。

 

本日はここまで。
またお会いしましょう!!