4月19日はユダヤ人にとって忘れられない日〜第二次世界大戦下のポーランド後編〜

皆さんこんにちは!
木下馨です。

 

前回は、ポーランドと8月1日について書かせていただきました。
前編はこちら
↓↓↓↓↓
8月1日はポーランド人にとって忘れられない日〜第二次世界大戦下のポーランド前編〜

後半も少し専門的になりますが、お付き合いください。

 

日本人には「ワルシャワ蜂起」と聞いても歴史に興味がある方は別にしても、あまり知名度はないかもしれません。
それが証拠に、1943年4月18日に起きた「ワルシャワ・ゲットー蜂起」と時に混同されることがあります。

 

1944年のワルシャワ蜂起は、ポーランド人が自分たちの領土を取り戻すためのテンペスト作戦の一部としての蜂起でした。
1943年のワルシャワ・ゲットー蜂起は、ポーランドのゲットーに住んでいたユダヤ人が、自分たちの存命をかけて起こした蜂起でした。

 

今回は、このワルシャワ・ゲットー蜂起をみていきましょう。

 

 

ユダヤ人殲滅作戦から立ち上がれ

 

ワルシャワ・ゲットー蜂起は、当時ナチス・ドイツが推し進める「ユダヤ人絶滅計画」いわゆる「ラインハルト作戦」中に起きたユダヤ人の蜂起です。
ゲットーに詰め込まれてしまったユダヤ人は、順次、強制収容所に送られて死を待つのみという過酷な運命が待っていました。
ゲットーのユダヤ人青年、モルデハイ・アニエレヴィッツは、「座して死を待つより戦おう」と、一縷の望みを掛けて最後まで戦うことを訴えかけ、立ち上がりました。
それがワルシャワ・ゲットー蜂起の始まりです。

 

ゲットーに閉じ込められたユダヤ人は約45万人。
劣悪な環境の中、伝染病や飢餓で約8万人以上が死亡しました。

 

当時、ポーランドには多くの「ユダヤ人絶滅収容所」が存在していました。
なぜ一国にそれほどまでの数の収容所があったのでしょうか?
それはポーランドという国の立地条件に要因がありました。
ポーランドは、当時ナチスが占領していた西側諸国からも、占領地区&枢軸国の各国(イタリア、ハンガリー、ソ連占領地区など)からも鉄道路線で集結しやすかったことが挙げられます。

※ ベウジェツ強制収容所、ソビボル強制収容所、トレブリンカ強制収容所そしてアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所など

 

ゲットーから、これら収容所には30万人以上がすでに輸送されていました。

 

結果、当時ゲットーには5万人以上の市民がおりましたが、戦闘要員は750人程度でした。
これはわずかな武器(拳銃、手榴弾、わずかな小銃、機関銃と弾薬、火炎瓶など)を考えれば、それだけの人数分しか行き渡らなかったというのが現実でした。

 

 

4月19日の勝利

 

蜂起の鎮圧には、ワルシャワの親衛隊司令官であったフランケネック准将がその任にあたりました。
彼は、全くゲットー鎮圧を甘く見ていました。
さしたる抵抗などないと踏んでいましたが、思わぬ反撃を受けます。

 

火炎瓶で戦闘車両は擱座し、機関銃でドイツ軍部隊は潰走します。
これはドイツの圧政に対して、ユダヤ人が初めて武器を持って抵抗した歴史ある日になりました。
のちにイスラエル建国に向けての基礎になったと言っても過言ではないでしょう。

※ 擱座(かくざ):戦車や車両が壊れて動けなくなること。船が座礁すること。

 

しかしながら、ユダヤ戦闘組織の勝利はこの日だけとなります。
失態を演じたフランケネックは解任され、新しい鎮圧部隊司令官にユルゲン・シュトロープ親衛隊少将が着任します。
シュトロープは高射砲や曲射砲を配備し、徹底した破壊を命じます。

 

ゲットーの外からの支援は限られたものでした。
前半で述べたポーランド国内軍からの支援はなかったわけではないですが、国内軍側も支援は来るべきワルシャワ蜂起に向けての準備もしなくてはならず、多くはできなかったのが実情でしょう。

 

 

さらなる悲劇

 

シュトロープは徹底した破壊の後、多数を絶滅収容所に送り、5月16日には「もはやワルシャワ・ゲットーは存在せず」との報告を行っています。
ゲットーの跡地には「ワルシャワ強制収容所」を設置し、破壊されたゲットー内の建物の後始末を、ワルシャワ強制収容所に送りこんだユダヤ人にさせています。

 

鎮圧された際に、数十名のユダヤ人は地下水道を通って脱出しました。
しかしながら、ユダヤ人を匿ったり、支援したりするポーランド人がいる一方、密告をするポーランド人もおり、多くは捕まり収容所に送られました。

 

多くの方はナチスだけが、ユダヤ人を迫害したと思ってないでしょうか?

 

ユダヤ人への差別、迫害はどの時代でも存在しています。
ポーランドは東欧では珍しい、ローマンカトリックの国です。
(西ローマ帝国の東側。ポーランドのほかルーマニアなど。ルーマニアはラテン語で「ローマ人の国」という意味です)

 

ポーランド人の92%はカトリック教徒です。
ローマ法王;パウロ2世もポーランド人です。

 

1991年、当時のポーランド;ワレサ大統領は、国交を締結したイスラエルを訪れ、ポーランド人の中にも反ユダヤ主義があったことを認め、国会で謝罪しました。

 

1930年代から排斥運動はありましたが、反ユダヤで有名な事件は1941年に起きた、ポグロム(大虐殺)「イェドヴァブネ事件」でしょう。
この事件では、ポーランド人の集団が、約300人のユダヤ人を納屋に閉じ込め、ドイツ兵の目の前でそれに火をつけたのでした。
ドイツ側の関与は今もってはっきりしませんが、ポーランド人が少なくても関与したことは公式に認められています。

 

 

アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所

 

「ホロコースト」(ユダヤ人絶滅政策)の象徴といわれるこの収容所は、ポーランドの首都;ワルシャワ中央駅からクラクフ駅まで2時間半、そこからはバスでの移動が普通です。

 

2019年に訪れたアウシュヴィッツ=ビルケナウ第二収容所。当時はユダヤ人を満載した貨物列車が収容所の中まで入線していました。

 

私は、2019年の11月にここを訪れました。

ワルシャワゲットーの場所は今では集合住宅も多い住宅街になっています。
その一角に「ゲットー蜂起」のモニュメントがあります。

 

ポーランドを訪れたら、人として、いや人間として必ず見ておかなくてはいけないと強く思い訪れました。
ですので、日本語のできるポーランド人ガイドさんを手配いただき(ワルシャワ大学はじめ、いくつかの大学には日本語学科があります)、ここを訪れました。
書面の都合で全てを書くことはできませんが、機会があれば必ず見ておくことが人としての努めではないかと思いました。

当日もイスラエルからの修学旅行生が多数見学ツアーを行っていました。
イスラエルでは必ず修学旅行にこの地を訪れるとのことです。

 

第二収容所からシャトルバスで15分くらいの場所にある「第一収容所」
入り口には世界的知られている「ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)」というスローガンが書かれています。実際は死ななければ自由にはなれなかったのですが。

 

人間はまさに、天使にも悪魔以上にもなれるものだと思いました。
我々は加害者にも被害者にもなる可能性があるかもしれません。
多様性、と言葉で言うのは簡単ですが、お互いの「違い」を認めるのは思った以上に大変なことかもしれません。

 

しかしながら、我々は一人では生きていくことはできません。
お互いの「違い」を認めあい、共栄共存できることは困難なことかもしれませんが、身近なところからそれを認めあう社会にしていこうとの思いが見学した後の強い感想でした。

 

本日はここまで。

 

次回は、前編&後編でお話しした内容の映画の名作がいくつかあります。
それを独断ですがご紹介したいと思います。

 

また、お会いしましょう!

8月1日はポーランド人にとって忘れられない日〜第二次世界大戦下のポーランド前編〜

皆さん今日は!
木下馨です。

立て込んでいる状況にかまけ、投稿が久しぶりになりましたことお許しください。
今回から何回かに分けて「8月1日」と言われると木下が「この日は忘れてはならない」という日をお知らせしていこうと思います。

 

皆さんはポーランドという国をどこまでご存知でしょうか?
ある方は、ヨーロッパの一小国くらいしか思えないかもしれません。
またある方は労働組合「連帯」のワレサ議長を思い出す方もいるかもしれません。

 

木下の印象は
「粘り強く決してあきらめないド根性国家」
となります。
ここから数回に分けて、そのド根性ぶりを紹介していきましょう!

 

 

1944年8月1日

 

1944年8月1日。
当時ナチスドイツに占領されていたポーランドでは、ポーランド国内軍という市民軍が首都ワルシャワで「武装蜂起」を起こしました。

 

ドイツ軍はたちまち危機的状況に陥ります。
ここで当時の戦況を時系列的に見ていきましょう。

 

すでに6月22日から開始されたソ連軍の「バグラチオン作戦※1」がドイツ中央軍集団を「スチームローラー」の如く壊滅させていました。
ソ連軍は、約200個師団、総兵力250万以上、戦車&装甲車両5、200、野砲&迫撃砲45,000門、航空機6、000機という戦力を伴って。

 

実は、6月22日は3年前のその日、ドイツ軍がソ連に侵攻した日でした。
日付といい、戦力といい、ソ連を率いていたスターリンの腹の中が垣間見えるようです。

 

ソ連の圧倒的な戦力の下、あっという間にドイツ軍40万名が死傷または行方不明になります。

 

つまり、8月1日の当時、ワルシャワ蜂起をしかけたポーランド国内軍50,000名に対し、鎮圧できるドイツ軍の戦闘部隊は約1,000名しかいない状態でした。

 

なおかつ、ソ連軍はワルシャワから10kmのところまで進攻してきました。
これを聞き及んだ国内軍は、「今だ!」とばかりに蜂起を決意したのです。

 

ワルシャワ蜂起記念館の碑

 

8月1日17時をもって、国内軍司令官;コモロフスキ少将は武装蜂起の命令を下します。
彼らは楽観的でした。
ソ連軍はすぐそこまで来ていて、国内軍の武装蜂起を奨励していました。
また、ドイツ軍はすでに弱り切っており、敗残兵の掃討戦があるぐらいだろうと考えていました。

 

※1【バグラチオン作戦】独ソ戦開始から、ちょうど3年目にあたる、1944年6月22日にベラルーシで開始された、赤軍のドイツ軍に対する攻勢作戦の名称。この作戦の結果、ドイツ中央軍集団は回復不可能な大打撃を受け、戦線は大きく西に押し戻されることになり、ほぼポーランドまで移動した。短期間で空前の規模の戦死者を出したとしてギネスブックに記載されるほど、苛烈な戦いだった。出典:ウィキペディア

 

 

ドイツ軍の反撃

 

しかしながら、ドイツ側の対応は素早かったのです。
第一にソ連軍の補給戦は伸び切っており、新たな攻撃をするまで時間が必要だったこと。
ドイツ軍の反撃攻撃で戦線が膠着したことが挙げられます。

 

7月20日に起こった「ヒトラー暗殺事件」直後であったので、ヒトラーはドイツ国防軍を信用せず、鎮圧の指令を悪名高いヒムラー親衛隊長官に下令します。
ヒムラーはフォン・デム・バッハS S※2大将を最高司令官に任命します。

 

バッハ大将は緊急出動可能な部隊を「掻き集め」ます。
ドイツ軍戦車師団の一部も展開していましたが、主力となったのは、
・SS警察部隊
・反共主義ロシア人義勇兵部隊(カミンスキー旅団)
・犯罪者や囚人部隊(ディレルバンカー特別連隊)
・アゼルバイジャン部隊
・ウクライナ義勇兵
・コサック兵
など多種多様な部隊が集められました。

 

ドイツ軍の攻撃は激しい国内軍の反撃に晒されます。
攻撃初日、ドイツ側は約1kmしか進めませんでした。
しかしそれには理由があり、上記のドイツ側は本来の戦闘ではなく、一般市民への略奪や暴行、破壊にその時間を費やします。

 

ドイツ側の初日の損害は戦死6名、負傷24名。
国内軍と市民の犠牲者は約10,000人に達しました。

 

2019年に訪れたポーランド陸軍が管理する屋外施設に展示されているドイツ軍装甲兵員輸送車Sdkfz251ハノマーク。国内軍は貧弱な武器でドイツ軍と対峙することになります。

 

※2【SS】親衛隊の略。ドイツの政党、国家社会主義ドイツ労働者等の組織のこと。

 

 

スターリンの思惑

 

この悲劇が繰り返されている中、ソ連軍の動きは鈍いものでした。
1944年8月当時、ソ連の指導者スターリンはすでに「戦後処理」を考えていました。
つまり「共産政権樹立」です。

 

当時の国内軍は、イギリスのポーランド亡命政府の指示で活動していました。
スターリンは、ドイツ軍により国内軍が駆逐されるのを黙認していました。
大国の思惑によって運命が左右される小国の悲劇がここでも繰り返されました。

 

また、狡猾かつ巧妙なやり方で、さもソ連軍が国内軍を援護しているかのポーズを見せます。
ポーランド人部隊のポーランド第一軍を、ヴィッスラ河西岸で渡河攻撃を行わせます。
しかし、ソ連軍の援護は全くなしでした。

 

ポーランド人部隊は同胞のために必死に闘いますが、約2,000名を失って撃退されます。

 

また、イギリス軍が「国内軍や市民のために、武器弾薬や物資を航空機で空中投下をしたい」と申し出ても、スターリンは理由をこじつけて拒否し続けました。
当時の航空機ではイギリスからワルシャワまで往復の飛行はできず、物資を投下してもイギリスには戻れません。
イギリスはソ連領内の飛行場での着陸が必須でしたが、これを拒否したわけです。

 

スターリンの目的は明白となりました。
ドイツ軍に、英国政府とポーランド亡命政府の息のかかった国内軍を殲滅させることです。

 

ヒトラーもこのソ連軍の動きを察します。
バッハ大将にワルシャワの「完全なる破壊」を命令します。

 

ドイツ軍に破壊されたワルシャワ。戦後、何十年もかけて破壊される前の街並みを出来る限り再現し、今では元の美しい街並みが見えます。

 

 

終焉

 

もはや、国内軍には降伏する以外の道は残されていなかったのです。
1944年10月3日。
63日間に渡って粗末な武器と弾薬で抵抗してきた戦闘は、ドイツ軍に降伏し終焉を迎えました。

 

しかし、その国内軍の勇気と粘り強さは称賛に値します。
国内軍の捕虜は約9,700名、負傷者は6,000名を数えますが、約3,500名は地下水道などを通って郊外に脱出します。

 

市民の犠牲は今もってはっきりしないようです。
ワルシャワは当時約95万名の市民が住んでいたと推測されますが、15万〜20万名が約60日の戦闘で犠牲になったとされています。

 

国内軍の戦死・行方不明者、約16,000名
負傷者、約600名

 

ドイツ側の戦死・行方不明者、約2,000名
負傷者、約9,000名

 

国内軍の負傷者が極度に少ないのは、その苛烈な戦闘や蛮行の結果と言えるでしょう。

 

2019年に訪れたサスキ庭園にある無名戦士の墓

 

 

こうして味方だと思った側からも裏切られたポーランドですが、多くの犠牲を払っても尚、彼らは決して諦めることなく、立ち上がります。

 

ソ連軍がワルシャワを解放するのは、3ヶ月後の1945年1月17日になってからです。
その日、ポーランド国民解放委員会「ルブリン委員会」なる占領後の共産党支配を目指す政権母体も、一緒にワルシャワに入城します。

 

長きに渡った共産党一党独裁でしたが、ポーランド国民は諦めません。
その日はやってきます。

 

ポーランド国内軍が目指したリベラルな議会制民主政治が実現するのは、ポーランド統一労働党が敗北を喫して、自由化の幕開けとなった44年後の1989年6月の総選挙でした。

 

2019年、ワルシャワの夜

 

2019年、ワルシャワの夜

 

 

今日はこのへんで!
次回は、後編をお送りします。