未分類

「雪中の奇跡」〜ソ連・フィンランド戦争【中編】

皆さん、こんにちは!
木下馨です。

 

前回は、ソ・芬戦争【前編】をお送りしました。
前回はこちら
「雪中の奇跡」〜ソ連・フィンランド戦争【前編】

 

今回は【中編】となります。
では、その後どうなったかを『雪中の奇跡』を紐解きながらみていきましょう。

 

 

兵も装備もソ連の半分以下だったフィンランド軍

前編にもお話しした通り、当時のソ連の人口は1億7千万人、対するフィンランドは総人口三百七十万人。

 

ソ連軍はフィンランド侵攻に対して、兵員数45万人を動員します。
装備については次の数量を投入しました。
・各種大砲1900門
・戦車2400両
・航空機670機

 

これに対してフィンランド軍は、19万人に動員をかけますが、その装備は非常に貧弱でした。
・対戦車砲120門
・機関銃4500丁
・航空機160機

機関銃こそ4500丁ありますが、航空機はソ連の1/4しかなく、その中でも近代的な戦闘機はフォッカーD21が36機だけ、と心細い限りでした。

 

当初、ソ連軍は3日間で戦闘は終わる、と信じていました。
そして兵には外套も支給していませんでした。

 

また、さらに悪いことにソ連軍には雪に慣れていない、南のキルギス、ウズベクスタン、トルクメン、アゼルバイジャン、アルメニア等の兵士が多数含まれていました。

 

対するフィンランド軍の多くの兵士は、人生のおよそ半分をスキーの上で暮らしてきた一流のスキーヤーでした。
また、元々が狩猟民族で射撃もうまく、狙撃に関しては一流でした。

フィンランド軍総司令官:マンネルハイム元帥(中央)

 

フィンランド軍を有利に導いた大寒波

 

ソ連軍が進撃を開始したときは、気候が普段の冬より暖かく、道路が泥濘と化し、湖沼の多いカレリヤ地方では思ったように進撃ができません。
また、年が明けると一気に気温が下がり、大寒波が押し寄せました。

 

暖をとるソ連軍兵士に対し、どこからともなくスキーを自由に使うフィンランド兵士が銃弾の雨を降らせます。
彼らは機関銃の冷却水にグリセリンなどを混ぜて凍結防止をしていましたが、対するソ連軍は銃が凍って打ち返すこともできませんでした。

 

ソ連軍に対して、代表的な攻撃は第四十四機械化狙撃師団への攻撃でした。

 

第四十四機械化狙撃師団の兵力は一万八千名、しかし、唯一の補給路であるラーッテ林道は林道に並行して作られた秘密ルートを使って、ソ連軍の最前線から遥か後方にまで自在に移動するフィンランドスキー部隊によってずたずたに寸断されていた。
フィンランド軍は物資輸送隊と野戦炊事車を集中的に攻撃していた。(中略)

ソ連軍部隊はこの地獄から逃げ出すため道路に殺到した。
馬で牽かれた重砲は恐るべき渋滞の中で身動きがとれなくなり放棄された(中略)

一月六日、遂にソ連第四十四機械化師団のヴィノグラドフ中将は退却を決意した。
彼は各連隊本部に装備機材の破壊を命じ、夜二十一時三十分以降、北方への脱出を開始するよう指示した。
脱出が開始されると間もなくソ連軍部隊はバラバラに分裂してしまったが、その日の真夜中の少し前、幾つかの部隊は北方に血路を開いた。
暗闇の中、フィンランド兵は逃げ出そうとするソ連兵を狙って一晩中射撃を続けた。(「雪中の奇跡」P115-118P)

 

フィンランド軍パトロール隊

 

また、この日の気温はマイナス46度になり、数十年ぶりの最低気温でした。
それは、天幕が不足しているソ連軍にとっては致命的な低温となりました。

 

この脱出戦は恐るべき悲劇に終わった。
暗闇の中、不案内な雪の森の中に走り出したソ連兵の大半は、そのまま二度と森の中から姿を現すことはなかった。
少数がフィンランド軍の捕虜になり、もっと少数の兵だけが脱出に成功し命を長らえることができた。
脱出命令が出た時、ソ連軍の軍医や看護婦たちも負傷者を農家や救急車の中に置き去りにして森の中に走り込んだ。
残された負傷者も、逃げ出した医者や看護婦も大半が凍死した。(「雪中の奇跡」:P119)

 

壊滅したソ連軍戦車

 

ソ連軍の大義なき戦い

 

ソ連軍の被害は異常なほど大きかったのです。

 

捕虜になったソ連兵は比較的少数だった、全部で千五百名。
一方、戦死者は二万三千名とちょっと異常な程多かった。
そのうちの一万七千五百名が第四十四機械化狙撃師団の戦死者であった。(「雪中の奇跡」:P120)

 

「大義なき戦い」というものは大きな犠牲を伴うものかもしれません。
歴史的に見て序盤のソ・芬戦争ではまさにそういう戦いでした。
それを現すエピソードは次の通りになります。

 

捕虜になった第四十四機械化狙撃師団の連隊長だったある大佐はフィンランド軍の尋問に対してゆっくりとした優しい口調で話し始めた。
「この戦争は一体誰のために、特にここでの戦闘は何のために行われたのか?
私がツァーリの将軍達、デニーキンやコルチャーク(木下注:ロシア革命内戦における白軍:帝政派の将軍)と戦っていた時には、その理由がちゃんとわかっていた。
我々は土地は農民のために、そして工場はそこで働く労働者達のためにあるべきだとして戦っていた。
だから我々は勝てたんだ。

(中略)私の部下達はソ連で最も優れた兵士だった。
最も良く訓練され、装備も最高だった。
私の連隊がレニングラード(木下注:現サンクトペテルブルク)の駅で乗車している時、後に残される連中は我々にこう挨拶したものだ。
“フィンランドに行ったって、どうせ君達には何もすることがないだろうよ、ただ道をどんどん進んでいくだけだろ。新年の晩にはオウル(木下注:フィンランド中部の都市)でまた会おう”」(「雪中の奇跡」:P120-121」)

 

しかし、結果は全く正反対になりました。
ソ連軍の威信は地に落ちました。

撃墜されたソ連軍機

 

惨敗したソ連軍将校たちの行く末

 

しかし、指導者達は「敗戦の責任」を現場に押し付けます。
これはどこの国でも同じことが繰り返されます。
太平洋戦争時の日本軍も同じです。
ソ連の指導者はどうしたか。

 

ヴィノグラドフ中将を始め、第六六二狙撃連隊長サーロフ、連隊の政治委員ボドームトフ、第六六二狙撃連隊第Ⅲ大隊長ツァイコフスキー大尉など脱出した指揮官は、敗北の責任を厳しく糾弾され、ソ連軍最高司令部の命令で処刑された。
第一六三狙撃師団長セレンツォフ少将の運命は伝えられていない。
フィンランド軍は三倍の敵と戦って、十倍の損害を与えたのである。
ある米国のジャーナリストはこれを「雪中の奇跡」と呼んだ。(「雪中の奇跡」;P121)

 

世界はフィンランドの善戦を称賛しました。
しかし、フィンランドが欲しているのは、言葉での応援ではなく、戦う武器であり、食料品であり、戦費であり数々の備品でした。

 

しかしながら、世界はナチス・ドイツがポーランド占領後、フランスとイギリスに侵攻するのではないか、ということが重大懸案事項でした。

 

この後、フィンランドの孤軍奮闘はどうなるか。
その話は【後編】にお話していきます。

 

本日はここまで。
またお会いしましょう!

「雪中の奇跡」〜ソ連・フィンランド戦争【前編】

皆さんこんにちは!
木下馨です。

 

前回はウクライナへの侵攻の危険性をお話しました。
前回はこちらから
ロシアの歴史的動向から2022年を予測してみる

 

そのとき、歴史の1ページにロシア(旧ソ連)は、大きな国土を持っているにもかかわらず、「ソ・芬戦争」(ソ連・フィンランド戦争)という他国を侵略する歴史を書き加えました。

 

今回は「ソ・芬戦争」についてです。
現在のウクライナ侵攻の危険性を再考するうえでも、「歴史は繰り返す」という視点からも、ソ連が行った過去の侵攻経過を一緒に辿っていきましょう。

 

 

ロシア帝国の一部だったフィンランド

 

多くの皆さんはこう思ったのではないでしょうか。
「え!ソ連とフィンランドって戦争したことがあるの?」と。

 

ちなみに戦前の日本では、アメリカのことを「米国」、イギリスのことを「英国」と言ったように、フィンランドのことは「芬蘭」と記したので、「芬」(フン)とはフィンランドを表しています。

 

話を戻すと、そもそもフィンランドは「ロシア帝国」の一部でありました。
日露戦争時、フィンランドの指導者になるマンネルハイム将軍は、ロシア軍の騎兵隊中佐として日本軍と戦っています。

 

大きな転換点は、1917年の3月と11月に起きた「ロシア革命」です。

 

ロシア革命後、フィンランドはソビエト政府から独立を与えられます。
ところが1917年12月、フィンランドはソ連に共鳴する国内の革命を支持する赤衛軍と、フィンランド独立を支持する白衛軍と事実上の内戦状態になります。
詳細は省きますが、結果として白衛軍が、ドイツ軍;ゴルツ将軍率いるドイツ軍一個師団の支援を受け、赤衛軍を国内から一掃しました。

 

では、再びソ連を中心に歴史を紐解いていきましょう。

 

 

独立を許しても手放したくないフィンランド

 

ロシア革命後のソ連は、列国のひどい武力干渉に苦しみました(日本もシベリアに出兵しています)。

ソ連が抱える脅威のひとつとして、レニングラード(現サンクトペテルブルク)からわずか32kmのフィンランド領カレリヤ地峡の情勢が挙げられます。
カレリヤ地峡は、ドイツを始めとする列国の橋頭堡(きょうとうほ)に利用される可能性がとても大きかったのです。

*橋頭堡(きょうとうほ):敵地などの不利な地理的条件での戦闘を有利に運ぶための前進拠点であり、本来の意味では橋の対岸を守るための砦のこと(Wikipediaより)

 

神経過敏となっていたソ連政府にとって、カレリヤ地峡の情勢は現実以上の大きな脅威と感じたのかもしれません。

 

これは今のウクライナの状況と、精神的には全く何も変わっていない状況かもしれません。
ウクライナの首都キエフからモスクワまで756km。
東京から山口県の徳山市辺りでしょうか。

 

現在のロシアがウクライナでも神経質になるのですから、ソ連国境からわずか32kmであればより過敏に反応したのは当然でした。

 

 

ソ連のバルト三国への干渉

 

1939年9月、第一大戦後に誕生したバルト三国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)に対しソ連は勢力下に置こうとします。

 

以下、第一次ソ・芬戦争を描いた書籍『雪中の奇跡』を引用します。

 

第一次ソ・芬戦争:「冬戦争」を描いた『雪中の奇跡』

 

 

「エストニア、ラトヴィア、リトアニア三国の新ファシスト的な指導者達はあたかも自分達が自国の国民の支持を受けていると見せかけてはいるが、その実、人民大衆はソ連邦との同盟を望んでいるのだ」というお得意の論法で、ソ連はバルト三国に相互援助条約を強要した。
三国の指導者は(自国の人民にそむき、とソ連はいう)ドイツに助けを求めた。(『雪中の奇跡』梅本弘著:P14ページ」)

 

なぜドイツ?
と思う方々も多いのではないでしょうか。
前述のゴルツ将軍の援軍もそうですが、歴史的に強い結びつきがあります。

 

「ハンザ同盟」は中学生、高校生の世界史の教科書で聞いたことがある方もおいでになるのではないでしょうか?
バルト三国は古くから「ヨーロッパ」であり、13世紀から16世紀にかけて北欧の商業圏を支配した北ドイツの都市同盟です。

 

リューベック・ハンブルクなど北海・バルト海沿岸の諸都市が参加しました。
最盛期には70以上の都市が参加した経緯からも、ドイツとは文化的、そして政治的に関係が強い国々でした。

 

そしてバルト三国はどうなったでしょうか。

 

同年の十月までにバルト三国はそれぞれソ連との相互援助条約を締結した。
この条約によってソ連は、三国の独立が任意の欧州大国から脅かされた場合、これらの国の独立を守る義務を負ったとして、ソ連軍部隊をバルト三国に進駐させ、各地に海軍基地、空軍基地や沿岸砲台などを設けた。
(中略)三国のソ連邦への合併の下準備を着々と進めて行った。(『雪中の奇跡』梅本弘著:P14ページ、P15ページ」)

 

ドイツがこのとき動かなかったのは、「独ソ不可侵条約」の秘密議定書にヒトラーとスターリンの密約があり、バルト三国とフィンランドはソ連が、ポーランドの半分はドイツが支配下に置く、ことが明記されていたからです。

 

他国の運命を決める大国の野望は今も昔も変わらない、といえるのではないでしょうか?

 

ソ連軍は国境線全体から侵攻を開始

 

 

ソ連のフィンランドに対する過酷な要求。そして冬戦争へ

 

次にソ連は、フィンランドにも同様の要求をします。
何度かの交渉をしたソ連の要求は過酷なものでした。

 

それはカレリヤ地峡の防衛線、つまり十数年間かけて営々と築き上げてきたマンネルハイム線(木下注:本土防衛陣地及び要塞線)の撤去とフィンランド湾からバルト海への出口に位置するハンコ半島の三十年間貸与、豊かな、そして重要な国境地帯でもあるカレリヤ地峡南部、フィンランド唯一の北極海への出口でもあるレイバチ半島など、フィンランドの領土二千七百平方キロメートルの割譲がソ連の要求内容だった。(『雪中の奇跡』梅本弘著:P16ページ」)

 

このあたりにの交渉経緯はまず無理難題を投げかける。
今のウクライナへの交渉でも相通ずる手法ですね。

 

フィンランド・ソ連の話し合いは、遂に決裂しました。
このとき、フィンランドの首脳は本当にソ連が攻撃してくるとは思ってなかったと推測されます。

 

歴史は、突然動きます。

 

我々日本人も、某国のミサイルが「まさか」日本には打ち込んでこないと多くは思っていますし、某大国が日本固有の領土を「占領」するとも本気で思ってないのではないでしょうか。
また、「全世界がそんな暴挙を許すはずがない」とも思っているでしょう。

 

しかしながら、そうでしょうか?

 

クリミア半島にロシア軍が侵攻しても、香港、ウイグルの状況を聞いても、多くの国は反対声明や遺憾の意は表明しますが、そこまでです。
本気で戦うことは多くの犠牲が出ますが、このソ・芬戦争は多くの教訓を残していると思います。

 

この時、フィンランド国の総人口はわずか、三百七十万人。
ソ連は一億七千万人の大国でした。

 

普通に考えれば開戦、一週間でフィンランドは占拠されてしまう、と誰もが思っていました。

 

ソ連は宣戦布告なしにフィンランドに攻め込みます。
世界は、この侵略行為に対し、国際連盟からソ連を追放しますが、ソ連の侵攻は始まったばかりです。

 

ここから105日間に渡って、第一次ソ・芬戦争:「冬戦争」(フィンランド語でタルビ・ソタ)は幕をあけます。

 

トナカイも多用するフィンランド兵

 

中編では実際のこの戦いの経緯を書いてみたいと思います。
本日はここまで。

 

また、お会いしましょう!