アルゼンチン共和国と日本の知られざる接点ー日本海海戦

みなさん、こんにちは!

木下馨です。

 

今から115年前の5月27日〜28日、日露戦争の運命を決めた大海戦が、対馬沖で行われました。

 

ロシア;バルチック艦隊を完膚なきまでに打ち破った、東郷平八郎司令長官指揮する連合艦隊の活躍は、司馬遼太郎の「坂の上の雲」や、いくつもの映画にもなり、記憶にある方々も多いことでしょう。

 

※ バルチック艦隊の司令官は、ロジェストヴェンスキー中将。日本は、21隻撃沈、6隻拿捕。味方の損害は水雷艇3隻のみ。

 

東郷平八郎大将

 

 

今回の「Kinopedia」は、その勝利にアルゼンチンという国が関わっている、ということを語りたいと思います。

皆さんはその歴史をご存知でしょうか。

 

日本とアルゼンチンが国交を結んだのは、1898年(明治31年)、日亜友好通商航海条約によってでした。

皆さんは、アルゼンチンというと何を思い出しますか?

マラドーナやバティストゥータのサッカー、音楽が好きな方はアルゼンチン・タンゴでしょうか。

そのアルゼンチンがどう関わっていたか。

 

アルゼンチンの国旗

 

 

20世紀に入り、日露戦争が避けられない状況になったとき、世界最強のロシア艦隊に対抗するには海軍力の増強が焦眉の急でした。

日露開戦の前年、アルゼンチンは当時イタリアに建造発注した、最新鋭装甲巡洋艦「リバダビア」と「モレノ」をほとんど完成させていました。

その二艦を売却しても良いと日本にオファーを出し、日本は直ぐさま交渉し、これに妥結しました。

 

これは、当時の「日英同盟」の同盟国・イギリスの働きもあったと言われています。

また、アルゼンチンが日本に示した好意の背景には、結ばれていた日亜友好通商航海条約や、その翌年に訪日して大歓迎を受けた海軍練習艦「サルミエント」のベトペデル艦長が、海軍大臣になっていたことなどがあったと言われています。

 

二艦は日露開戦の6日後の1904(明治37)年2月16日、国民歓喜の中、横須賀に到着しました。

それぞれ「日進」、「春日」と命名されて、旗艦「三笠」の隷下に入り、日本海海戦では大いに活躍しました。

 

 

「日進」「春日」の同型艦;ジュゼッペ・ガリバルディ級装甲巡洋艦

 

 

観戦武官ドメック・ガルシア大佐

 

前記の装甲巡洋艦「リバダビア」と「モレノ」を、イタリアにおいて日本側に引き渡す際のアルゼンチン側代表は、ドメック・ガルシア海軍大佐です。

大佐はその後、命を受け日本に赴き、日本海海戦において観戦武官として「日進」に乗艦しました。

 

観戦武官とは、「第三国の戦争を観戦するために派遣される武官」のことで、現代では電子戦や航空機の発達などで、1人では戦闘を見ることができないので消滅しています。

日本海海戦の参謀であった秋山真之大尉も、観戦武官として米西戦争時のサンチャゴ海戦を観戦しています。

 

ドメック・ガルシア大佐は観戦後、日本に残り、膨大な報告書を本国に提出しました。

この報告書は80年の歳月を経て海上自衛隊の教育用資料として邦訳され、更に、日亜修好100周年を記念して1998年に、日本アルゼンチン協会から「アルゼンティン海戦武官の記録」として公刊されました。

 

大佐は1932-38年には海軍大臣となり、退役後はアルゼンチン日本文化協会の会長として両国友好に余生を尽くしました。

 

ドメック・ガルシア大佐

 

どうですか?

地球の裏側にある、アルゼンチンという国の印象は少しは変わったでしょうか。

アルゼンチンは親日国の一つでもあり、また文化と教養の国であることもわかります。

ノーベル賞受賞者を5名輩出していますし、「世界の三大劇場」(パリのオペラ座、ミラノのスカラ座、ブエノス・アイレスのテアトロ・コロン)も。

 

ブエノス・アイレスのテアトロ・コロン

 

世界三大劇場であるテアトロ・コロン内部

 

行きたかった国のポーランドは去年訪れました。

アルゼンチンは、世の中が落ち着いたら必ず私も訪れたい国の一つです。

 

本日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました!

人種差別に立ち向かった偉大な男たち後編〜日本プロ野球編〜

みなさん、こんにちは!

木下馨です。

 

今回は、『人種差別に立ち向かった偉大な男たち』の後編です。

 

前編はこちらから

https://kaoru-kinoshita.com/2020/05/20/人種差別に立ち向かった偉大な男たち前編「ジャ/

 

本日は前回、ジャッキー・ロビンソンとともにご紹介した、2人の黒人大リーガーと日本プロ野球との関係にも触れておきましょう。

 

 

日本プロ野球にも縁がある、ラリー・ドビーとドン・ニューカム

 

ラリー・ドビーは、1947年7月にメジャーデビューを成し遂げます。

同年4月15日のジャッキー・ロビンソンに次いで、黒人としては2人目のMLB選手で、アメリカンリーグではドビーが初めての選手となりました。

 

1952年に本塁打王のタイトルを獲得。

1954年には本塁打王と打点王に輝き、通算253本塁打。

 

また、1978年には、フランク・ロビンソンに次いで、二人目の黒人MLB監督となります。

インディアンズでは背番号「14」は永久欠番です。

 

ラリー・ドビー(インディアンズ時代)

 

 

ドン・ニューカムは、1949年5月20日にメジャーデビューを果たし、MLB初の黒人投手となりました。

 

同年は、リーグ最多の5完封を含む、17勝8敗・防御率3.17で、新人王に輝きます。

1956年には、ナショナルリーグのMVP賞を受賞。

今で言う「二刀流選手」で、通算投手で149勝、10年間で238安打、15本塁打を記録しています。

 

ドン・ニューカム(ドジャース時代)

 

 

この2人は、1962年、日本プロ野球(NPB)「中日ドラゴンズ」でプレーをしています。

 

そこには、こんな「歴史」があります。

当時の濃人渉監督は、九州の選手を重用していました。

そして、今までのいわゆる「生え抜き」をトレードに出してしまいます。

前年にクリーンナップを務めていた井上登(岡崎高)を、南海の長谷川繁雄、カールトン半田、寺田陽介との1対3でトレード。

長嶋茂雄(立教〜巨人)と並び称され、1959年に本塁打王と打点王に輝いた森徹(早稲田)を、大洋ホエールズに金銭トレードに出します。

代わりにクリーンナップを期待した寺田、長谷川両選手は不振。

チームの打線を江藤慎一(熊本工)1人で引っ張ることになり、得点力は低下、一時は「借金10」まで落ち込みます。

このトレード・成績について、ファンからも非難されてしまいます。

策を考えた球団は、シーズン途中にもかかわらず「助っ人」を頼もうということになりました。

そして、1959年に引退して3シーズ振りの現役復帰となるラリー・ドビーと、ドン・ニューカムを打者として球団に迎え入れたのです。

 

中日ドラゴンズ時代のラリー・ドビー(左)、ドン・ニューカム(右)

 

 

彼らの活躍で、最終的にはリーグ3位になります。

彼らはNPB初の「元大リーガー」でした。

(ちなみに、「現役大リーガー」が初めて日本でプレーしたのも中日ドラゴンズでした。この話は別の機会にしますが、1963年から3年間プレーしたジム・マーシャルです)

 

プロ野球ファンの中で、このような歴史を作った偉大な選手がNPBに在籍、プレーしていたことを知っている人は、どれだけいるのでしょうか。

 

中日ドラゴンズは、素晴らしい先人が在籍していたことをもっとアピールしてほしいと思います。

 

 

人種の壁と戦う男たち

その後もNPBには、多くの「助っ人」がやってきます。

 

かつて、ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に在籍したレロン・リーは、来日した1977年の試合後に、チームメイトに風呂に誘われました。

チームメイト全員で背中を流し、彼にもお湯をかけてくるのを体験し、

「この国には差別が無い」と感激したそうです。

 

レロン・リー(ロッテ時代)

 

 

また、1987年に、近鉄バッファローズ(現オリックス&楽天に振り分け)に在籍したベン・オグリビーは、MLBで15年間の現役で3度のオールスターに出場した選手でした。

ところが、近鉄とのプレーで、自分のミスで試合に敗けて落ち込んでいたところ、チームメイトに風呂に投げ込まれ、お湯を掛け合うなどしてはしゃぎ、励まされた時、

「メジャー時代でも、白人と黒人が一緒にお風呂に入ることなど無かったのに」と言い感激していたそうです。

 

ベン・オグリビー(近鉄時代)

 

 

ロビンソンがプレーしてから40年近く経ても、まだまだ差別は存在していたことに驚きます。

ロビンソン選手が「鍵をこじ開けて」から今日まで、今のMLBは42%が有色人種で、白人選手の比率は58%で過去最低だそうです。

 

日本人選手も多く活躍するMLBですが、まだまだグラウンド以外で戦うタフさは必要なことでしょう。

負けないで頑張ってほしいと思いますし、日本のプロ野球(NLB)が誇れることが多くあるのも事実でしょう。

 

 

日本が世界に誇れること

個人的には「アジアリーグ構想」として台湾、韓国、中国とのリーグができればと思っています。

「外国人枠の撤廃」をして、台湾チームの4番を日本選手が打ったり、日本チームのエースが韓国選手だったり。

 

いかがでしょうか?

政治や人種の壁を持ち込まず、差別なきリーグを作れるのも日本が創造できると思います。

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!